赤ちゃんの○○気をつけて!ベビーマッサージの先生が教える大切なこと

埼玉県でベビーマッサージお教室準備中の
⳹ さゆちゃん ⳼ です!

赤ちゃんは関節のジョイントが浅く
周りの筋肉が薄いため、無理に足をまっすぐ伸ばしたり、
引っ張ったりすると、脱臼の原因になります。

ベビーマッサージを行う際に限らず、
赤ちゃんの関節は強い力で引っ張ったり、無理に動かさないよう注意をしてあげましょう。
日常のおむつ替えの際も、
足首を上にグッと持ち上げておむつ替えを行うのも危険です。

ベビーマッサージは、
基本的に足のマッサージから行います♡
普段おむつ替えで触られ慣れている足から行ってあげることで、
赤ちゃんも安心して受け入れてくれることができます。

赤ちゃんの両足を見ると、M字型をしているのが正常な姿勢です。
そして、足は、膝の部分が少し曲がったくの字型をしています。

足のマッサージを行う際は、
必ず足の“く”の時の状態を保ったまま行うようご説明します。

ちなみに、
ベビーマッサージのお教室で頭のマッサージは行いません。

赤ちゃんの頭蓋骨はまだ閉じきっておらず、
頭頂部にある大泉門と呼ばれる、骨のない部分は絶対に押してはいけません。

みなさんにも
知ってほしいと思ったことを発信しています♡

お読みいただきありがとうございました𓂃◌𓈒𓐍

コメント

タイトルとURLをコピーしました