赤ちゃんと日中の昼寝、心の余裕について

妊娠初期から出産までつわりがずっとあって、寝つきも悪く、気持ち悪さで夜中に起きて。

妊娠後期は更にマイナートラブルで夜中も何度も起きて、腰が痛くて寝る体制もきつくて。

出産後は夜間授乳で起こされて。

3歳児にはしょっちゅう蹴られて起こされるし。(子供の寝相の悪さってすごいよね)

もう1年以上、夜通しで寝られていない。

寝室が別で1人で寝てる旦那に、「寝れなくて辛い」とか「俺の方が寝てない」とか言われたくない。

仕事のことで寝れなかったりするのは大変だと思うけどさ、”寝れない”ことに関して優しくなれない。

「昼寝できるからいいじゃん」って言われて。

確かに今は育休中だから日中に寝られるけどさ。

保育園の送り迎えの時間もあって、その限られた6時間半の中で家事もして授乳もして食事もして。

赤ちゃんが、何もしていないその時間内で、背中スイッチ発動せずにすんなり寝てくれればいいけどさ。

頑張って寝かしつけして、ようやく寝て、すぐに起きなければいいけどさ。

赤ちゃんが起きないように、忍者のように物音立てずに、過ごせればいいけどさ。

赤ちゃんが寝てくれたタイミングで、私も数分後にうまく眠れればいいけどさ。

昼寝できたとしても、眠気は取れても、疲れは取れない。

ああ。

朝から晩までぐっすり寝たいなー。

旦那のように私も、寝る前のストレッチとか、ゆっくり入浴、1人で朝晩の散歩とか、寝る2時間前に入浴とか、なかなか眠れない時は睡眠薬飲んでぐっすり寝たい。

「できる限りしたら?」と言われるけど。

子供がいる環境で母親にとっては難しいこと。母親と父親の違いだね。

結局大抵の人が、他人、特に旦那と比べて自分の方が大変だと思うもので。

自分の心や体力的に余裕がないときは、相手に対して優しくなれないよね。

仕事であれば、割り切って明るく過ごせ他人に優しくできても、家ではなかなか難しい。

旦那に限らず、子供に対しても同じなのかもしれない。

睡眠がまともに取れない今の生活で、どうやって体の疲れを取ればいいのか、ストレスを溜めないようにしたらいいのか、心に余裕を持てばいいのか、まだ分からない。

日中は無理せず、家事も後回しにできることは後回しにしよう。

食器が溜まっていたって、洗濯物が溜まっていたって、1日掃除機をかけなくたって、死なない。

心の余裕は大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました