出産ブログ*出産当日①(計画無痛分娩)

越谷市にある産婦人科 菅原病院での出産記録です。

2021年3月、コロナ禍で緊急事態宣言が出ている中での出産であった為、面会や立ち会い分娩ができませんでした。今回、2人目の出産でしたが、私は1人目の時と同様に、計画無痛分娩を選択した出産ブログです。

0時頃、全然眠れないまま、トイレに行こうと必死に起き上がり、点滴棒をひきならがガラガラと歩きました。

トイレは陣痛室にはないものの、並びにあって近かったです。

トイレに入ると、産褥パットが真っ赤。たくさん出血してた!!

何だかバルーンの先っぽの棒も飛び出してきていて抜けちゃいそうだったけど、そのままに。

ナースステーションにいた助産師さんに、声を掛ける。

「お産が進んでるんだね〜ベッドで安静にしててね〜」とのこと。

自宅でこんなに大量出血してたら大事だけど、病院だから、冷静。笑

その後、うとうとしながら、引き続きAmazonプライム。

4時頃から、痛みが強めの陣痛あり。3分〜1分感覚の痛み。

徐々に強くなるが、何故かナースコールを押すのが申し訳ない気がして、我慢しながら耐える。

きっと、前駆陣痛だろうと思っていた。

しかし痛み治らず、5時過ぎまで続き、痛みもさらに強くなった為、ナースコール。

モニターつけるから、とうぶんトイレに行けなくなるからトイレに行ってと言われ、トイレへ。

産褥パットに、さっきとは違うどろっとした出血あり。

部屋に戻って、モニターの準備をしてくれていた助産師さんに伝える。

助産師さんの内診。

いい感じの出血だそうで。

バルーンも取れそうだからと、バルーンを引っ張ってくれ、ポンと抜ける。

反射的に、「痛いっ」と声は出たが、痛くなかった!

子宮口、6センチまで開いてた😂そりゃ痛かったはずだわ😂

頑張って耐えたな、私😂

分娩室へ行くよーと。

助産師さんに、「経産婦の6センチだからお産もうすぐだね」と言われる。

やっぱり初産より進みが早いのか!と、緊張。

すでに陣痛の痛みがだいぶ強くなっていた。

顔を歪めて、天井の汚れがあったのでその一点を見つめて、ふーーーーと息を吐いて耐えた。

無痛分娩なんだから、麻酔を入れよう!むしろ、もっと早く声かけてくれればよかったのにと言われた、、、確かに!

痛みを取る為に硬膜外麻酔を入れる。MAX量で麻酔入れてくれた。

麻酔は、管につながったシリンジを袋に入れて、首からかけておく。チューブを引っ張ってしまいそうで、寝っ転がっているだけでも、少し神経を使った、、、

麻酔を入れてから、麻酔が効き始めるには20分程度かかるため、とにかく、ふーふー言いながら痛みに耐える。

天井にあった黒いシミの一点を見つめながら、、笑

分娩室の部屋は窓があり、カーテンがしてあるけど、外が明るくなってきた。

明るくなる窓を見ながら、「もうすぐ産まれる。朝日が出てきた。、、、あ、あさひって名前いいかも」と思った。

(名前の候補が全く決まっていなかった為、産まれてから顔を見て考えようと思っていたので。しかし、結局あさひにはせず。笑)

麻酔が効き、陣痛の痛みが無くなる。麻酔で下半身の感覚もなくなる。

そのまま促進剤を入れようかと助産師さんと先生で相談するが、一度様子を見ようとのことで、促進剤は入れず。

一定の陣痛はあるが、お産は進まず。子宮口も6センチから開かなかった。

麻酔を入れると、お産があまり進まないそう。「ある程度の痛みはお産を進めるのに必要なんだよ〜」と助産師さんが言ってた。

そのまま分娩台で陣痛の再開を待つ。

なんだか意識が飛びそうだった。麻酔のせいか、眠れてないからか、意識が飛ばないように必死で耐える。意識飛んだら、麻酔が効きすぎたのかと、麻酔切られたら嫌だという思いが強かった、、、。

麻酔の影響で眠いでしょ〜と、助産師さんが言ってたので、「意識が飛びそうなのではなくて、ただの眠気なのか」と、なんだか安心してうとうとした。。

うんちが溜まってるから産道の邪魔をしてるとのこと。

通常なら、前日に浣腸をするのだが、10時頃家ですっきりするほど出たので浣腸はしなかった旨を伝える。

しかし、夜勤の助産師さん曰く「あらー浣腸しないとダメよー」と。

浣腸の薬を入れてくれるが、全然出ない。

何度か薬を入れ直してくれたが、便が出ないからと膣から出してくれる。

え、繋がってるの?とびっくり。

8:30頃

子宮口の開きも変わらない為、促進剤を入れようと助産師さんに言われる。

10ミリ〜開始。

9時頃

夜勤の看護師さん(ベテランの方。ちなみに私は苦手だった。慣れてる感はとても助かった)交代。

日勤帯の助産師さんが挨拶にきてくれた。

前日に、感じいいなーと思ってた助産師さん。若いけど、とっても優しくて、優しさに感動🥺

個人的に、職場にいる他部署の感じのいい人に似ていたので、親しみやすさと謎の信頼感があった。笑

分娩室に移動してからは携帯触れず、

ベットも硬いし、とにかく身体が痛くて、圧迫される背中とか腰とか何度も限界を迎えた、、、。

助産師さんはちょこちょこ様子を見に来て子宮口を確認してくれた。

そして促進剤もちょこちょこあげていくが、変わらず子宮口6センチ程。

11時頃

お産が進んでいないし、

一番少ない量の麻酔でも効きがいいから一度お産を進める為にも麻酔を切ろうかと提案される。

痛みが出てきたらすぐに麻酔してくれると言うので、麻酔を一度切ることを決断。

私は麻酔の効きが良い様子、、、

しばらく麻酔の効果が効き、痛みはなかった。

お産時に嘔吐してしまう人もいるらしく、朝食を食べていなかった。

お昼は栄養つける為に少しでも食べたら?と提案してくれたので、エネルギーを入れる為に食べようと思った。

起き上がるのはきついけど、おにぎりくらいなら食べられるかなーと。

12時過ぎ

麻酔が切れ始めたのか、お腹の張りの感覚が戻ってきたが、お産をすすめる為にもう少し我慢しようかな、と助産師さんへまだ伝えず。

徐々に痛みがでてくる。

麻酔が効き始める時間もあるし、そろそろ伝えなきゃと思う。

ナースコール押すと、すぐに担当の助産師さんが来てくれるからとても心強かった。

一気に陣痛の痛みが来てしまい、痛みとの戦い。天井の一点を見つめて、ふーふーする。

麻酔を入れ始めてくれたが、麻酔が効くまで20分くらいかかる為、痛い痛い。。

痛くて不安で、気づいたらボロボロ泣いてた。

お昼ご飯が届くが、それどころじゃなくなってしまった為、下げてもらった。その際のお昼ご飯は、油淋鶏。。。美味しそうだったなー食べたかったなー。と少し後悔。笑

内診で9センチまで開く。

痛みに我慢した甲斐があった、、、

麻酔効いてきたねーと言われるが、「痛いです、効いてません」と答える私。

すると助産師さんが、私の太ももを思いっきりつねっており、「これ痛い?結構つねってるよ?」と。

「、、、感覚ないです。」麻酔は効いていたようです。笑

再び麻酔のおかげで痛みはなくなり、うとうとする。

お産の物品が置いてある分娩室のようで、ちょこちょことスタッフの人が出入りしていたので、その都度、意識がはっとする。

14時頃

麻酔も効いてきたし、お産に向けて麻酔の量を少し落とす。

促進剤も徐々に上げており、この時60ミリ。

何度か股を押される感じがあり、赤ちゃんが出ようとしてる?と感じ、その都度ナースコールで伝える。

違ったら申し訳ないなーと思いながらもナースコール。

「まだ位置高いねー」と言われ、

「違いましたね、すみませんー」と伝えると、

「少しでも何かあれば教えてくれた方がいいから、教えてね」と言ってくれる。優しい。

子宮口は全開になったが、赤ちゃんの頭の位置がまだ高いと。

赤ちゃんを包んでる羊水の膜が見える位置まで下がってきているから破水したらすぐ教えてと言われる。

まだかなー、早く出てきてくれー🥺

14時半頃

麻酔が入ったシリンジを首から袋をぶら下げて置くのだが、そのシリンジに入っている麻酔が残り僅かになる、、、

追加してもらえるのかは聞かなかったが、お産がまた遠のいちゃいそうだからこのまま麻酔追加しないとのこと。

赤ちゃんの頭が全然降りてこない、、、

助産師さんが先生に相談しに行き、”麻酔の効果がある内に、人工破水させていきんで赤ちゃん出しましょう!”という方針になった。

麻酔が切れてしまったら、陣痛の痛みや、出てくる際の痛み、会陰切開、会陰の縫い合わせの際の痛みが来てしまう!!

と頭の中を考えがよぎり、麻酔が効いてる内にお願いします!!!と私も必死に頼んだ。

導尿で尿をとってくれた。

たくさん溜まっていたようで、膀胱が産道を邪魔していて、頭が降りてくるの邪魔してたかなー?と言っていた。

もちろん、導尿の痛みは麻酔のおかげて感じなかった。

お産に向けて準備を進めてくれる、、、

しかし、あれ、、、

この若い助産師さん、1人でするの?他の助産師さんは?先生は?、、、と不安になる。。

そして麻酔が切れてしまう恐怖で早くーと心の中で焦る私、、、。

長くなってしまったので、出産当日②に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました