一人っ子から兄妹に。お兄ちゃんになるまで

息子、3歳2ヶ月で妹が生まれ、お兄ちゃんになりました。

息子が2歳5ヶ月の頃に、妊娠が判明しました。時短勤務で仕事を行っていましたが、時短勤務が3歳になる前日までで、時短勤務が出来なくなると、仕事を続けていくのが難しかったため、もともと2人は子供が欲しいと考えていたので、時短勤務が終わる前に産休に入ることを計算しての妊娠でした。(結局、3歳になるまでに産休入りはできませんでしたが、有給消化させてもらいました)

妊娠当初は、”赤ちゃん”という存在を息子にはあまり伝えていませんでした。早い段階から、”赤ちゃん”という存在が嫌いになってしまったらどうしよう・・・という思いがあったからです。

お腹が大きくなってきた6ヶ月頃から、赤ちゃんいるんだよーと伝えるようになりました。

すると、お腹にちゅーしてくれたり、お腹に保湿のクリーム塗ってくれてました。

出産の際は立ち会いもできず、入院中の面会もできず。

ママっ子の息子も、パパと2人で頑張って過ごしてくれました。

産まれて病院から、テレビ電話で毎日話しをして。

「赤ちゃん見せてー」と言う息子。赤ちゃんを見せると、すっごく笑顔になってくれた姿が忘れられません。

赤ちゃんに会えるのをとっても楽しみにしてくれていました。

退院当日。

病院の入り口で赤ちゃんと初対面!!

恥ずかしいのか、ずっと私の周りをぐるぐると走っていて、赤ちゃんの顔は見ようとしませんでした。

車に乗る際も、我が家は軽自動車なので、今までは息子と私が後部座席で隣同士でしたが、パパが運転をし、ママが助手席。子供2人は後ろの席になりました。

「ママの隣がいいー赤ちゃんやだー」と乗車拒否。

説得しても、座ってくれませんでした。

その為、ジュースを買ってあげる作戦でようやく座ってくれました。笑

産後は私と赤ちゃんは私の実家で過ごし、パパと息子は家でどうにか過ごしてもらう予定でしたが、結局1週間も経たず、ママと離れたくないと大号泣し、息子と赤ちゃんと実家におりました。

赤ちゃんへの嫉妬があり、授乳している際も、赤ちゃんの上に乗ろうとしたり、

赤ちゃんあっちいってーと言ったり、私の上に乗ってきたり。

誰かが赤ちゃんを抱っこしていると、

赤ちゃんあっちいってーと言ったり、自分が抱っこして欲しいーと訴えてました。

普段から危なっかしい行動をするような息子ではなかったけど、

少し目を離すとベビーベットで寝ている赤ちゃんの顔に布団を掛けたり、本人は悪気はないんだろうけど目が離せない状態になりました。

1ヶ月はすぎには、徐々に赤ちゃんの存在に慣れたのか、嫉妬も無くなり、危ない行動もなくなりました。

「赤ちゃん、お兄ちゃんのこと大好きだってー」とずっと言ってきた甲斐があったかな?

赤ちゃん抱っこしてみるーと言って抱っこ(座った状態で)してくれたり、

泣いてると心配してトントンしてくれたりするようになりました。

生後4ヶ月経った今では、ちゅーしたり、ぎゅーって抱きしめてあげたり(力加減はまだ難しいけど)。

妹が大好きなお兄ちゃんになってくれました^^

まだまだお風呂で水鉄砲をかけてしまいそうになったり、トントンの力加減も難しいお兄ちゃんですが、見ていてとっても愛情を感じるのが嬉しいです。

息子くん、お兄ちゃんになってくれてありがとう。妹を好きになってくれてありがとう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました